ひぐらし

  特に意味はないのです。 ブログでもと思った日にひぐらしが鳴きはじめたので・・

チーズナッツハンティング募集中

エリア戦リザルトの話 

先日のようにリザルトの遅延があると
リザルトの信憑性が疑われる事があろうかと思います
当然ですよね

そんな事が無いようにトラブルの事やその他詳しく説明したいと思います
ちょっと面倒な話で長くなりますが興味があったら最後まで読んで頂き
リザルトに改ざん等の無かった事を解って頂きたいと思います

当日は下図のように4台のPCを使っていました
PC-1は入場の管理を
PC-2は光電管でテストのゴールタイムを取っていました
PC-3は手作業で選手のゼッケンを取っています
    この作業は目視で行いますので間違いが起こる事もあります
    間違った場合は紙に手書きでその箇所と間違いに内容を書いてます
PC-4はテストのゴール後にパンチを切る所でノンビリ目視でバックアップとしてゼッケンの記録を取っています

PCのトラブルはPC-1で起こりました
競技開始直後にゼッケンは入力出来たのですが
時刻と数値が入らないというトラブルです

1409093.jpg

下図のような感じです

1409091.jpg

このPCは何をしていたかと言うと
テストのスタート時刻の記録です
スタートのコントロールの前を通過した際にゼッケンを入力すると
秒の単位を切り捨てて一分加算した時刻を記録します
例えば10時3分25秒に通過した選手は10時4分と記録し
選手はスタートラインに並びます
その後スタートの合図が出る10時4分を記録する訳です
その右の列の妙な数値は後半で説明します

競技開始直後より時刻と数値が入らないトラブルが起きて
一旦ソフトを閉じて再度起動して行ったところ
無事動き出しました

図の13行目で一旦閉じてます
ID:15の9:36分にから再度作業開始です
ID:14が抜けていますがこれは後から多く入ってしまったデータを削除した為です
その間数台が通過しましたが一周目なので予めスタートタイムを指定してあったので
これは後から修正可能な事で通過台数を合わせるのと
動くかどうかのチェックを兼ねて適当なゼッケンを入れて対処しました

この計測はMicrosoftのAccess2000というデーターベースで作成したものですが
時間の計算が厄介で秒単位なら何てことなく出来ますが
100分の1秒単位となると妙な方法で計算しないといけません
そうですね?デジタルのストップウォッチを想像して頂ければいいかと思います
計測を始める前に全てのPCのタイマーを同時にスタートさせます
その時から100分の1秒を図るタイマーが作動し
秒+100分の1秒を記録します
つまり一秒は100という数値になり
2秒は200・1分は6000・1時間は360000という数値に置き換えて記録します
この数値の差をリザルトとして出す訳です

ですので上の図で言うと再度計測が始まったIID:15の記録を見ると
9:36:00 | 3300
となっているのでこの時の(秒の記録がないので正しい時刻は解りませんが9時35分??秒)
33秒前にPCが復活したという事になります

今回のトラブルも運よくスタート時jに起きたので
極端な言い方をすれば計測結果から除外される1周目のデータで
大切な2周目からのゼッケンとスタート時刻はしっかり把握出来てました

なので修正は簡単に終わると思っていました
2周目スタートの9:44:00は計測が始まった9:15:00から29分後なので
29×60秒×100が正しい数値ですので
その差を取って全ての数値にそれを足せば終わりのはずだったのですが
何が原因か??
何度やっても妙な事になってしまって

たまたま結果は出ましたが何故出たのか?
何故出なかったのかはまだ不明です
本来10分もあれば修正可能と思っていましたが・・・

スンマセンでした

そして修正が終わった図が下です

1409092.jpg

本来こんな物を出してはダメなのかもしれませんが
最初に言ったようにリザルトを信頼して頂く為に・・・

ラップタイムに妙なタイムがあるぞと気が付いた方があるでしょうね
23行目のNo:73の 0:00:48:21 というタイム
これは一旦ゴールしてから2周目をスタートするまでのタイムです
こういった計測は2つのタイムが出ます
ゴールしてからスタートするまでのタイム(パドックにいる時間です)と
スタートしてからゴールするまでのテスト区間のタイム
リザルトは前者を除外して出します

もう一点気が付いた方もいるかと思います
ゴールのタイムが少し違ってない??
そうなんです多少誤差が出ます
原因は手作業でタイマーを作動させるので
きっかりの時刻にタイマーを作動させようとしても
システムタイマーと僅かなずれが出ます
どうでしょう?今回は光電管のデータが0.3秒~0.5秒ずれていると思われます
でもこのずれは等しく全てのデータで起こっているので
テストタイムの差は無いという事です

という事で未だに原因が解っていませんが
何れ解明しなくてはと思っています
PCにトラブルが起きなければ何てことない事なんですけど
大事な場面で起きてしまうんですね~~

こんな事で信頼が得られるかどうかは解りませんが
データを改ざんする方がもっと大変だとお分かり頂けますでしょうか??
納得出来ないという事がありましたらコメントで何なりとご質問でください

では




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyz.blog22.fc2.com/tb.php/969-76f810aa