ひぐらし

  特に意味はないのです。 ブログでもと思った日にひぐらしが鳴きはじめたので・・

JECの事です 

終わったらえらく長いものになってしまいました

前にも何かで書いたような気がしますが
MFJ東日本エンデューロ選手権って何だとか
JECって何とか
JECライツって何
エリア戦??
これらの説明です
知ってる人は見なくていいです

MFJのエンデューロについていろいろ解らないという方がかなり多いようですね
特に4月に勝沼で行うMFJ東日本エンデューロ選手権でそのような問い合わせがかなりあるそうです

知っている方にはなんだよそんな事も知らないのかよ
という事になるかも知れませんが
確かに知らない人にとっては分かり難い事が多いのかもしれません
おやじ自身もあまり気にした事はありませんでしたが
エンデューロ畑でない方から見ればちょっと難解な事があるかも知れませんね

そこで方々から
ジジ~~、お前が詳しく説明しろよって言われてしまって
仕方なくゴチャゴチャ書いておきますので
問い合わせがありましたらこれを見てねと言って下さい
疑問や質問がありましたら何なりと・・・
場合によっては追記します
MFJについて

MFJはMotorcycle Federation of Japanの略で
正式には「日本モーターサイクルスポーツ協会」という一般財団法人です

http://www.mfj.or.jp/user/contents/kyoukai/kyoukai-index.html

↑に詳しく書いてありますので読んでください

これは他のスポーツで言えば
サッカーなら日本サッカー協会
陸上競技なら日本陸上競技連盟(日本陸連)
等と同じように日本のモータースポーツを統括する組織です
モータースポーツの場合そのMFJが開催する大会を全日本選手権
あるいは地方選手権と言います
(別記しますが承認大会もあります)

ちなみに
世界のモータースポーツを統括しているのはFIM
Fはフェデレーション Iはインターナショナル Mはモーターサイクルですかね?
そのFIMが行う大会が世界選手権という呼称になります

とま~そんな感じの組織があるという事を知っておいてください
次に選手権の話

繰り返しますがそのMFJが主催運営する大会が〇〇選手権と言い
エンデューロの場合は全日本選手権とエリア選手権と地方選手権になります
全日本選手権はなんとなく解るかと思いますが
これについては後で述べます

エリア選手権と地方選手権は同格のもので少し形が違うだけです
区分け上複数の地域が協力して行うのがエリア選手権
単独の地域で行うのが地方選手権で
北海道と九州は単独なので北海道選手権と九州選手権になるはずです
エリア選手権は東北と関東で東日本
中部と関西と中国で行うのが西日本エリア選手権と言います

余談ですが選手権を開催するにはMFJに申請しないといけません
Web申請なのですがMFJなのかソフト会社なのかどちらかは不明ですが
大会の格式をWebフォームから選択する際に
全日本以外は全てエリア選手権という名称で登録したとの事で
仕方なく北海道も九州もエリア選手権という名称になっているようです
ただエリア選手権という名称が解り難いという意見が多かったので
今年の東日本については「MFJ東日本エンデューロ選手権」という別名で行います

この地方選手権については一部全日本選手権と併催になる場合があります
参加した場合、全日本ランキングと地方選手権ランキングの両方が別個にポイント管理されます
参加するには

その選手権に参加するには資格が必要になります
資格は申請すると与えられその証として証明書(ライセンス)が手元に届きます

ライセンスを取って選手権にに参加すると成績によってポイントが与えられます
ある程度のポイントを取ると翌年に昇格する事が出来ます
最初は一番下のクラスからです

昇格はモトクロスやトライアルの場合は
国内B級(NB)⇒国内A級(NA)⇒国際B級(IB)⇒国際A級(IA)

エンデュロの場合は国内ライセンスはAとBに別れていませんので
ナショナルクラスのみで以後IB⇒IAという具合に昇格していきます
何れナショナルもナショナルA(NA)とナショナルB(NB)になる事があるかもしれません

http://www.mfj.or.jp/user/contents/motor_sports_info/rule/pdf/2015/husoku01.pdf

上の9にエンデューロの昇格基準が書いてあります
(2015年レギュレーションなので年度が変わればリンク切れとなります
 その場合競技規則の「付則1 MFJライセンス昇格・降格に関する規則」を探してください)

全日本選手権の昇格基準も上記に書いてありますので
それもご確認ください
承認クラス(承認大会)

全日本選手権の前に承認競技について

全日本選手権や地方選手権や他でMFJ承認大会
あるいは承認大会併催なんて名称をみた事があるかもしれませんね
これは選手権と併催だったり単独だったりしますが
選手権ではなくレジャースポーや生涯スポーツとして行われる大会
いわゆる「草レース」です
草レースって別に程度が低いとかお遊び感覚って事じゃないですよ
厳しい大会もありますから

併催は解ったけど何故単独で承認大会を開催するのよ??
という疑問があるかもしれませんね
これは主に保険の関係だけです
MFJライセンスは保険セットなのです
なのでレースでケガをしても手続き関係はMFJでやってくれます
保険が一元管理出来るのは選手にとってはいい事だからなのです
主催者サイドは厄介な事が多いんですけどね
そんな理由でMFJ承認大会を行う訳なんです
全日本エンデューロ選手権(JEC)

さて厄介な全日本エンデューロ選手権の話です
JECという名称は目にした事があるかと思いますが
JAPAN ENDURO CHAMPIONSHIPの略です
日本語だとそのまま「全日本エンデューロ選手権」です
以下日本語で書きます
この全日本エンデューロ選手権の事は全てMFJエンデューロ委員会で決めて
決まった事を各地のMFJ地方支部のエンデューロ部会か施設会員(SUGO)が主催し行っています

エンデューロ委員会って何だって話になりますが
各地の地方支部の代表で構成される委員会で
お名前を出せばエンデューロをやってる方なら誰でも知っている方々です
北海道・東北・関東・中部・関西・中国・九州
以上7地区の代表と学識経験者一名とプロモーター一名の9名で構成され
その9名て全てを決める仕組みになっています
他に選手会から一名がオブザーバー参加し
必要があれば委員長の判断で随時オブザーバーが増える事があります
このオブザーバーは発言や意見を言う事は出来ますが議決権はありません
以上が仕組みです

以前この業界の方でかなり知っていると思われる方から
委員会って諮問機関じゃないの?なんて聞かれましたが
この委員会はMFJエンデューロそのものなんです

最後に何が厄介かという話です
冒頭で書いた質問が勝沼の受付担当の方に届きます
モトクロスには精通されている方で
前期の仕組みについてはよく知っている方ですが
エンデューロ界の事はちょっと??とは言ってもレースの裏側はよく知っている方ですが
その方が答えられない事が多々あるそうです
何かと言えば「JEC」という言葉についてなんだそうです
勿論知っている方には何て事無いんですが
知らない方にとっては解り難いだけで参加もしたくなくなるとか??

この「JEC」という文字がいろんなところに出てきて
かえって解らないんだそうです
そこで知る限りの「JEC」について用語解説??です

最初に「JEC」---全日本エンデューロ選手権の事です
主催や意思決定は前述の通りです
今年は広島大会・大阪大会・日高大会・SUGO大会
以上の四つがそれに該当します

次にもう一つの「JEC」
JECプロモーションというプロモーターの事です
全日本エンデューロ選手権のお手伝いや告知受付事務等
いろいろお手伝いをしている方の事です
正式にはJEC Promotionですが
略して単に「JEC」とも言います

JEC東日本・JEC(地方名)等の表記を見かけたら
これはエンデューロの地方選手権の事です
本当は地方選手権なのでJECではないんです
日本語にしたら全日本エンデューロ選手権MFJ東日本エンデューロ選手権
という事になってしまいます

JEC-Lites
これはJECプロモーションというプロモーターが独自に主催しているオンタイム体験レースのようなものでしょうか?
↓に説明がありますので見てください
http://jecpro.com/?page_id=137

説明文の冒頭に
「「JECに出てみたいけど自信がない」
「費用のかからない大会で体験したい」という方のために、
JECでは全日本エンデューロのエッセンスを凝縮した大会シリーズ「JEC-LITES」を開催しています。」

と書いてありますが
最初のJECは全日本エンデューロ選手権の事で
次のJECはJECプロモーションの事です
今年から保険の関係もあってMFJ承認大会となるようですね

と言った具合にいろんな場面で出てくる「JEC」という言葉
知っている方にはどうという事じゃないんですけど
知らない方、これからやってみようという方には難解なものになっているのかもしれませんね
多少係っているジジ~としては考えないといけない事かもしれません

という事で長々失礼しました





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oyz.blog22.fc2.com/tb.php/1024-afe6f137